2009年06月13日

アルゼンチーノ

ジュリアにタバコを買ってきてと頼んだらアルゼンチンから来たバックパッカーを連れてきた(笑)
見知らぬ彼はニーヴ君25才。なんでも彼女を追ってオーストラリアに行ったら彼氏がいたらしく、タイ、ラオス、香港とアジアを放浪し、日本にやってきた。知人が福島にいるとのことでバスに乗って降りたのが郡山だった。路上でウクレレを弾いてたらジュリアにスカウトされたわけだ。

即、テーブルセッションとなり、スペイン語が飛び交うなか、ブラジルのアマウリ井上さんと南米系酒場に変身。

6575のステージを見て驚いていた彼。スペイン系のセッションは夜半まで続いた。

Posted by フォーク酒場6575 at 18:08│Comments(0)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。