2009年05月28日

おわかれ

ボクと同い年の田辺さんは福島の会社を早期退社し大分の実家に帰ることに決めたそうだ。

先日の郡山DAKARA音楽祭で久しぶりにお会いした時に、帰郷することを伺った。
約束どおり想い出の郡山を後にふるさとへ帰る前に来店してくれた。しかも、拓郎ナンバーをたくさん歌ってくれた。

大分といえば、かぐや姫のふるさとだ。きっとあちらへ帰ってもフォークのセカンドステージが待っていることだろう。
田辺さんお元気で!

うちの同い年の常連、大島さんや剣持さんにもひと目会って帰りたかったと、名残惜しそうでしたよ。


Posted by フォーク酒場6575 at 05:29│Comments(0)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。