2009年02月21日

仁哉の卒業送別会

2年4ヶ月前からのオープニングスタッフだった仁哉が大学より一足早く65を卒業することになり、
この夜、スタッフ主催のパーティーが開かれ、友人や常連さんに囲まれた。

手元がおぼつかない仁哉はコップを壊す名人だった(笑)

だが、やさしくて素直な性格だから、自然と周りに人が集まってくる。

この春からは、スーツを着て東京でフレッシュマンになる。

がんばれ仁哉!
65を忘れずに。

お別れの歌を後輩バーテンだいきのギターで歌う仁哉。

就活まではレゲエあたまだったから驚きだ。

Posted by フォーク酒場6575 at 10:27│Comments(0)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。