2011年05月02日

上を向いて歩こう

伊東和哉&清水兼一Presents うたのちから が開催されました。これは郡山市出身の二人のアーティストが呼びかけた震災復興チャリティライブです。ほかにも福島市や田村市在住のアーティストが参加しました。

出演順に黒沢アキト、片平里奈、A.J、小野一樹 withマルちゃん、伊東和哉、清水兼一の6名。

トップバッターの黒沢アキトくんは20歳の郡山市民。紅一点の片平里奈ちゃんは18歳の福島市民。アメリカの友人に名付けられたA.Jは田村市民。

そして、郡山出身で現在東京で活動中の6575お馴染みの2人。安積町出身の小野一樹さんはサポートパーカッションにマルちゃんを連れて帰って来てくれました。もうひとりがこのライブを呼びかけ進行役を務めた伊東和哉さん。

トリの清水兼一さんも郡山出身の熱い想いを持ったアーティスト。この中では最年長でマスターの出演していたテレビ番組を見ていたそうです。会場に足を運んでくれた若い人たちも彼らの目の前での力強いパフォーマンスを見て聴いて飲んで満足そうでした。

フィナーレでは全員がステージに上がり「上を向いて歩こう」を歌いました。彼らの即興のハーモニーが感動を与え、会場がひとつになり素晴らしいエンディングとなりました。被災地から歌いだして被災者へ想いを伝えられるような善意の音楽活動がずっと続けられたらいいですね。

うたのちからのみなさん素晴らしい夜をありがとうございました。お疲れ様でした。また、お待ちしております。  

Posted by フォーク酒場6575 at 00:17Comments(0)