2009年10月09日

くらばん+2

ラジオ収録が終わると待ってましたとリクエストがかかる。

今夜は平城うすい社長さんからのリクエストでカントリー中心に演奏。

後半はロックンロール。締めはニューオーリンズジャズの聖者の行進。

バイオリンの井上さんとトロンボーンのキーちゃんも参加して大いに盛り上げてもらった。

エアバイオリンと口トロンボーンでも楽しさは伝わるの巻でした。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 01:41Comments(0)

2009年10月08日

鮫川ナイト

鮫川村の若者が来てくれた。うちにも出身のスタッフがいると聞くと、彼女を呼んでほしい。親戚だからというので、若菜にメールした。

すぐに来たら、やっぱり親戚だった(笑)

なんという偶然。

しかもリードギターの市川さんとボーカルの巨樹さんは侮れない。

台風が接近してるというのにハロウィン支度で忙しい65でした。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 03:37Comments(0)

2009年10月07日

中野さんご栄転

ユアサ商事の中野さんは、はじめ一人で来店。その次から会社の上司や同僚を大勢連れてきてくれた。

そんな中野さんと上司の支店長さんが新潟へ転勤ということになり送別会が開かれた。

くらばんが郡山の想い出にと「陣屋ホンキートンクブルース」、「磐越西線」、「うすいのうた」を演奏。

マスターからウクレレをプレゼントされた中野さん。

新潟に行かれてもどうぞお元気で!
  

Posted by フォーク酒場6575 at 12:56Comments(0)

2009年10月06日

クニオくん

郡山ジャズバーの老舗モンクスのマスター故古川さんが亡くなる2週間前に深夜6575を訪ねてくれた。

あいにくマスターは仙台ライブで留守をしていた。

彼はビートルズ好きのクニオくんをマスターに紹介したかったらしい。

マスターが6575をオープンする前、月一回ジャズバーでありながらビートルズライブをやらせていただいていたことがあった。

モンマスはビートルズファンだったのだ。

6575を開店してからも、折に触れ呑みに来てくれていた。

その時クニオくんを連れて来てくれたことは、あとから知った。

先日、クニオくん本人がマスターを訪ねてくれたのだ。

古川さんがやられたモンクスの音楽シーンはなくなってしまったが、彼が手塩にかけたミュージシャンが残っていることだけが救われる。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 01:00Comments(0)

2009年10月04日

まちなか音ステージ

秋晴れの日曜、駅前は音楽で溢れた。駅前広場ステージではイベントLive On Townが開催され、くらばんが出演。ラストのセッションではブルースギターを弾かせてもらった。

うすい前に移動し、まさかのなかまち音ステージコンテストに出場。

平城うすい社長も応援に駆けつけてくださり、期待通りの「うすいのうた」も披露。


応援団一行でPakkeyを聴にまざっせプラザへ。

くらばんやトリオのメンバーがフル稼働の一日でした。

そんなわけで、現在営業中ですよ。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 20:34Comments(0)

2009年10月04日

いわきの国井さん

久しぶりに来てくれた国井さんは、誰ともアンサンブルが出来る方だ。

ジョームがいつもと違ってはしゃいでる。

やっぱり音楽は人と人のつながりだ。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 03:47Comments(0)

2009年10月03日

ブライアン的ナイト

今月も宮城からBrianがやって来た。

一部は奥田民生さんなど影響を受けたアーティストのカバー。

二部はキーボードのマスターとのコラボレーション。

アンコールの三部では豊田さんのボーカルに合わせて千の風を伴奏、また滑り込みで来られたお客さんのためにたっぷりと歌い上げてくれた。

ラストナンバーはマスターの「つながる想い」

強力な歌声は来月も期待できそうだ。

さて、ライブも終わった閉店まぎわに人間楽器のキーちゃんが滑り込んだ。

この人のパフォーマンスもぜひ一度見に来てほしい。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 04:55Comments(0)

2009年10月02日

楽都・郡山

そんなキャッチフレーズが郡山の街に現れた。ひと昔前までは東北のシカゴと呼ばれていたのに(笑)

それは、まるで禁酒法のアルカポネの時代みたいな物騒なフレーズだが、どうやら最近はアメリカからヨーロッパへとシフトしたようだ(笑)

別名、東北のウィーン。

由来は、毎年金賞を授賞する合唱王国らしいが、なにもクラシックだけが音楽じゃない。

毎日毎夜、ストリートからフォーク酒場まで、様々なステージで幅広い愛好家たちが元気に歌ったり演奏をしている。

シカゴらしくブルースやジャズだって盛んだし、ベンチャーズやビートルズ、フォークにJ-Pop、ありとあらゆる音楽が盛んだ。

もっとブレーヤーと観客が一体になって楽しめる施設が必要だとも思うが、なんだか音楽堂建設のために盛り上げているようにも感じる。

なにもクラシック専用ホールを作るより、500人キャパの手頃なライブハウスを作った方が街の活性化にはつながるはずだ。

この際、市民ひとり一人がよ〜く考えてみよう。

この街が日本初のロックフェスティバル開催地だというプライドを忘れずに。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 04:45Comments(0)

2009年10月01日

ハニーのうた

ラジオ番組のアシスタント・ハニーがアニメソングはじめてのチューを披露。

ギター伴奏はリニューアルした当店ホームページを制作した古川さん。

フォークデュオ・ふきのとうが好きで、ラジオのゲストにも決まった。

トップページがフラッシュして店内の様子が一目瞭然。

ぜひHPをご覧ください。
  

Posted by フォーク酒場6575 at 13:02Comments(0)