2008年05月24日

生の恒平さん

65年から75年の歌の生き証人〜及川恒平さん。
当時はモニター(自分の声やギターの音を返すスピーカー)などなかった時代。だから今でもモニターは使わない。
演奏はガットギターをマイクでひろうやり方だ。生の空気感が伝わってくる。時々、マイクの前から離れ、客席を歌いながら歩く。
新宿ゴールデン街で培ったフォーク喫茶風の歌唱方だ。
彼の歌声は時には力強く、時には繊細に聴こえてきて、なんかほっとする。
たっぷり2時間のステージは長く感じられず気がつけば手拍子をしながらみんなが歌っていた。
アンコール後は、ユーティリティーズ、スキマーズ、西遊記、Pprojectなどのメンバーと会食。
そこで高山さんは恒平さんの先輩だったことが判明!さすが6575の長老だけある(笑)

彼らが若い頃のような和気あいあいのライブだった。
  続きを読む

Posted by フォーク酒場6575 at 13:07Comments(2)